スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相模川河口夜釣り

土曜日の夜から、相模川河口に行ってきました。


JR東海道線で品川から1時間で平塚に、そこから須賀港行き最終のバスで10分で相模川に付きました。


相模川河口


そこから下流に向かって歩きます。初めてのポイントなので、釣りをしている人に話を聞くとうなぎ狙いの人しかいません。あとはルアーマンです。関東のルアー釣りには興味ないので話はしません。四国にいたときはよくルアーやエギ、太刀魚等もしていたのですが…
関東は魚影が薄いらしいので、投げ釣りメインでやっています。


最下流の堤防に行ってみると、波がかぶったりしているので、途中の砂浜からやってみます。


相模川河口


イカをエサにとりあえず投げます。


少しして竿を上げるともうエサがありません。


ものすごいエサ取りです。愛媛で10月にカレイを狙うときもものすごいエサ取りがいましたが、その比ではなさそうです。

投げても投げてもすぐにエサがとられます。スーパーのえびも使いますが、瞬殺状態です。


これではお手上げです。


このポイントで2時くらいまで粘りましたが、駄目だと思い、最下流に向かいます。

相模川河口



自分の専門分野である海岸工学の知識を生かして変化のありそうな場所にキャストします。

波の実験をやったことがこんなに役に立つと思いませんでした。河口は地形が季節によって変化するので、自分の知識で毎回変わるポイントを探すのも結構簡単そうです。ただ、できれば明るい時間帯からいきたいですね。

釣りに行くと、海岸工学はすごく役に立つと実感できますね。釣り以外ではあまり実感できませんが。(教授さんすみません)


ここでもエサは瞬殺状態です。根掛りはないのでつりやすいですが…


魚がいるのかもわかりません。


結局エサ切れで4時に納竿としました。

相模川河口



もう少しエサ取りが少ない場所があればいいのでしょうが…


関東なんで仕方ないとあきらめるほかないですね。


関東はカレイは狙いやすくていいのですが、その他の魚の魚影が…



夏には、広島、愛媛、兵庫に行く予定があるのでそこに全力を尽くそうと思います。



<データ>


竿…プロサーフ405CX-T

リール…パワーエアロスピンパワー

道糸…ナイロン5号+力糸5~12号

おもり…誘導式天秤30号 

仕掛け…えび用…砂ズリ…ワイヤー#37を40センチ
        ハリス…フロロ6号を150センチ
        針…ケプラー補強をしたコウジ真鯛18号の1本針仕掛け
    イカ用…砂ズリ…ワイヤー#37を40センチ
        ハリス…フロロ6号を150センチ
        針…ケプラー補強をしたキングサーフ18号の1本針仕掛け

エサ…イカ、えび

時間帯…23時半~翌日4時 


<釣果>

なし。




にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。