スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロサーフ補修

釣りに行っていないので、竿の修理をしました。

うみかぜ公園

以前折れたプロサーフ。風呂場で洗っている際に折ってしまいました。

パーツを注文したら一週間ほどで到着しました。

プロサーフ

#1以外にトップガイドと尻栓も購入。これだけで中古のプロサーフが買えそうな値段です。

ちなみに私の持っている竿はほぼ全て中古です。お金の節約という意味と、投げ釣りを行うような岩場や砂浜ではすぐに竿に傷がつく物と割り切っているからです。

プロサーフ

#1だけで12700円!パーツは全体的に高いです。しかしカメラのパーツよりも幾分マシかも知れません…(リコ○のカメラのレンズの風防だけで2万円…)

プロサーフ

リールシートはオークションで購入。リールシートの金具もガタがきていたので交換します。

プロサーフ

リールシートを外していきます。

プロサーフ

新旧のリールシート。

プロサーフ

リールシートの外れた#4。強力につけられていたので外すのも結構大変です。

プロサーフ

フィニッシングモーターで乾燥させます。今回は純正と違うことを示すために飾り糸を入れました。

プロサーフ

トップの蛍光塗装も行いました。今回は蛍光グリーンにしました。

プロサーフ

これでプロサーフは3本になりました。これから夏の夜釣りで大活躍してくれそうです!


にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

マニア垂涎!中古カメラの宝庫があります!

ebayで仕入れたカメラを転売して稼いできた結果に基づいて作成された、現在進行形の生きたノウハウが凝縮されています。すべてのノウハウをカメラ一本に絞った即効性のある方法です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。