スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厳冬の熊本遠征1日目/緑川→坪井川

なかなか更新できていなかったのですが更新します。

2/8の夜東京を出発。9日の朝兵庫を出発。一般道で途中渋滞に遭いながらもなんとか?広島まで行き、広島のM君と久々の再開。

その後、馴染みの?西広島バイパスからの山陽道で北熊本SAには22時ごろ到着。割引の関係から日付が変わるまで仮眠…24時に再出発。とりあえず緑川かな~と思い、Maxバリューを視察後、、緑川へ。河口の上流側には先客ありで下流の波止へ。とりあえず3本出すものの引きがキツイ。

重くなった?と期待して巻くと…

熊本

ウナギ…
大体500g程度の有明海産高級?海苔が絡んできて釣りづらいことこの上なしです。今回は作業用手袋を用意していたので手返し良く釣りができます。しかし魚は全くかかりません。

週刊日本の魚釣りによるとハゼクチは足もとが熱いとのことだったので30メーター程のちょい投げを執拗に繰り返します。しかし何か引っかかる杭はあるしアタリはないしで…

熊本

朝になりました。。。
やっぱり緑川は駄目っぽいので、釣具屋情報に従って坪井川に行くことにしました。

坪井川沿いに道路を行くと竿が出しやすい埋め立て地を発見。北条砂置場?みたいな場所です。

熊本

しかし足場も良いうえに根掛かりがないので非常に釣りやすいポイントです。

熊本

しばらくするとハゼが釣れました。このくらいの良型が多いみたいです。残念ながら25センチを超すようなサイズは釣れません。

そうこうしていると1匹26センチほどのハゼクチが釣れました。しかし後が続きません…

途中仮眠を挟みつつ、ひたすらこの砂置場で粘ります。

しかし夕まずめもさっぱりです。

しかし満ち込んでくるといい感じになり、かなり満ちたころアタリもなく釣れてきたのが…

熊本

29センチ…

この日はこれでお終いでした。

さすがに限界を迎えたので車で仮眠しました。



~タックル~

竿…投げ竿30号~35号、4.05m

リール…ドラグ付投げ専用リール

道糸…アトミックスライダー3号+力糸5~12号、ナイロン8号

おもり…L型天秤、ジェット天秤30号
  
仕掛け…市販カレイ仕掛け15号等
  
エサ…青虫

時間帯…2時~7時(緑川)、 8時~25時(坪井川)

<釣果>
ハゼクチ:26~29cmが3匹

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

兵庫県/高砂市加古川河口

遠征から帰宅後釣り具も大して片付けず休んでしまいました。
釣り具を洗っていないなら近場でも行くか~と思いこの時期さすがに釣れないとは思いましたが加古川に行ってみることに。
実家を暗くなってから出発。まるえさでユムシ5匹購入。
明姫を姫路方面に行き、途中の釣具屋を偵察。しかし結構高かったです。やっぱりフレンドの安さは半端ないです。

加古川

19時ごろ到着。車を置く場所もありとても便利です。すぐ横にトイレもありました。
どこから竿を出そうかと思っていると、遊歩道から出せそうです。真冬の深夜で人も少ないので遊歩道から竿だししました。
ユムシをつけて投げます。底はあまり変化の少ない感じです。本当はボケがあれば多少釣れる可能性も上がるかな~と思いましたがどちらにしろこの時期は厳しいと思うので、浅場にエサを取りに来れる?大型チヌがユムシに食いついたりしないかな~と思いながら頑張ります。

加古川

対岸の工場がとても明るいです。
途中まで寒くなかったのですがだんだん冷え込んできました。

加古川

お決まりの車非難!
駐車場から竿を見ることが出来ます。


何回か打ち返してみますがユムシは全く変化なしです。生体反応がありません。
やっぱり夏の方が良いと思います。

サクっとやって帰る予定でしたが、だらだら粘ってしまい結局23時までやってしまいました。
もちろん全く異常なしでした。

こうして兵庫でも竿を出してみると、愛媛の御荘湾等は冬でも結構アタリがあってすごい!と改めて実感しました。
この釣行が今月最後の釣行になりそうです。

2月に再び近場カレイ釣行で復活しようと思います。

~タックル~

竿…PROSURF 405CX-T

リール…PA SPIN POWER

道糸…アトミックスライダー3号+力糸5~12号

おもり…L型天秤30号
  
仕掛け…ハリス7号、針:丸セイゴ17号
  
エサ…ユムシ

<釣果>
なし。

この時期の夜釣りは意外に楽しいと思う方は↓
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

年始の九州遠征5日目・山口県/下松市笠戸大橋下

佐賀県で今後の作戦を考え、もう一度緑川に行くという案も一瞬浮上しましたが今年のハゼクチは何らかの理由で遅れているかもしくは口を使わない時期に入っているかもしれないという結論に至り、それならハゼクチはほとんどハズレのない2月に来たらいいやろ~という結論に。
ならばぼちぼち帰るか~と思って兵庫に向かおうと思うも大した大物も釣れてない状況はちょっと歯切れが悪いので途中山口県の笠戸島で竿を出すことにしました。
題名が九州遠征なのは九州遠征の帰りに山口に寄ったからということで…

夜中に長崎道→九州道→中国道→山陽道とノンストップで7日の早朝4時にはかめや下松店の駐車場に到着!しかしかめや下松店の営業時間の変更で5時からになっていました…
5時まで仮眠し、開店と同時に本コウジを購入。笠戸島に向かいます。
まず本浦を見てみます。O君はルアーでメバルをやってみますが無反応…ならばと笠戸大橋下に移動。

笠戸

通称〝宮の洲鼻〟と呼ばれ一発大物ポイントとなっています。暗いうちから本コウジをつけフルキャスト。
潮の流れは速いですが釣りにならないほどではありません。

しかし明るくなってからも反応なし…コウジだし仕方ないか~とO君の方を見てみると…

笠戸

8時の満潮前にのダブル!エサは青虫です。
自分も青虫に付け替えたら小物でも来るかもな~と考えますが…コウジでやり切ってやろうと思い直し打ち返します。
潮の流れは引きも満ちも左に流れます。結構釣りやすいポイントです。しかしアタリは…

8時10分ごろ一本の竿を煽ってみるといきなり締め込まれました。
しっかり合わせ巻いていきます。
ついに座布団イシガレイが来たか?と思うも途中から、チヌっぽいなと判断。しかし今までで一番大きそうなので丁寧にやり取りします。
足もとまで寄せるとやはりチヌ。針はしっかりかかっていたので抜きあげました。

笠戸

思ったより小さい46センチでした。しかし体高が半端なくかなりメタボなチヌでした。この後実家に帰っても魚を食べる時間がないのでとなりの地元のベテランの方にチヌを渡し、再び打ち返します。

笠戸

足場も良くて非常に釣りやすいですが水路側はカケアガリがきつくなっています。
黙々と打ち返しますがやはりコウジを触られた形跡なし…
イシガレイのベストシーズンは11月だから仕方のないことですが。
しかし1月にももしかしたらはぐれ座布団イシガレイがいるかも?という淡い期待もあったのですがそんなに簡単には釣らせてくれません。

笠戸

11時には竿をしまわないと帰りがきついので11時に納竿しました。
護岸に車の中の荷物をすべて引っ張り出して整理。汚れたものはウエットティッシュで拭いてきれいに整理。
とにかく荷物が多いので整理だけでも結構時間はかかります。

途中徳山東インターに入る直前にタックルベリー下松店を発見!
早速突撃すると…オモリが激安!2000円で30個以上ゲットしました!ジェット天秤が緑川の杭に絡まってロストしていたのでちょうどよかったです。これで次回の緑川用のオモリは確保できました(笑)
O君はルアーを買いあさっていました。東京に比べて種類がかなりあったそうです。
最後の最後で運気が上がってきたようです。

笠戸

締めは下松SAの牛骨ラーメンを食べました。思ったよりおいしかったです。近年SAの食事もだいぶ美味しくなってきたように感じます。下手なラーメン屋よりいいかもしれません。

その後ゆっくり山陽道を走り、龍野西からバイパスを走るも明姫が結構混んでいてなんとか19時に西明石に到着。O君は新幹線で東京に向かい、私は兵庫の実家に帰りました。

今回の遠征の総括
総走行距離…3050㌔
ガソリン代…28000円
エサ代…30000円
飲んだレッドブル…10本
飲んだコーヒー…20本以上

参加者の皆様お疲れ様でした!


~タックル~

竿…SPIN POWER 405AX-T、CX-T

リール…97PA、PA SPIN POWER

道糸…アトミックスライダー3号+力糸5~12号

おもり…L型天秤30号
  
仕掛け…ハリス7号、針:丸セイゴ18号
  
エサ…本コウジ

<釣果>
チヌ46センチ

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

年始の九州遠征4日目・佐賀県/鹿島市→小城市(各河川の河口)


1/6…稲佐山温泉の駐車場で目が覚めたのは4時でした。
昨日の時点でかなりモチベーションが下がっていたので帰るという選択肢もあったのですが唐突に、「佐賀県に行けばハゼクチが釣れるかも?」と思いO君と相談。O君も「ここまで来たらハゼクチを見てみたい」と意見が一致。

迅速にかめやで青虫を購入しALL一般道で5時ごろに佐賀県鹿島市にある〝浜開拓〟に到着。しかし初めてきたところなので場所がなかなか分かりません。おまけに堤防上の道路が超狭く曲がる際にミニバンでは非常にきつく10回切り返して何とか通過。それでも一か所漁港らしき場所を発見したので竿を出してみます。

しかし何の反応もありません。それならと近くの〝浜漁港へ〟
ここも船だらけで竿を出せそうな場所はあまりなかったのですが何とかできそうな場所を発見!(しかし船の往来が超激しく、普通なら釣り禁止になるような場所ですが干潟なので釣りをする人自体いないから何も書かれていないだけ?)漁師さんの邪魔にならないように手前にある排水口の近くにポチャ投げします。

しばらくして回収すると…

佐賀

???…これが「ハゼクチ」?スマホで検索したところ間違いなさそうです。
その瞬間ついつい大喜びしました!小さいサイズですが初ハゼクチに感動です。
更にもう一度排水口横に投げると…

佐賀

??これは「マハゼ」かな?先ほどのハゼクチとは明らかに色合いが違います。しかし模様や目の間隔から判断するとハゼクチの可能性が高そうです。(釣った時点ではマハゼと思ってました)
この排水口最強やん!と打ち返しを続けますがその2匹だけしか釣れませんでした。

なら他の場所を開拓するか~と思い場所移動。途中セブンイレブンで朝食を食べ、塩田川の河口に向かってみます。
しかし投げようとしているとどんどん潮位が低下しあっという間に50mくらい干潟が露わになりました。さすが有明海。特に佐賀県は浅いところが多いようで後で気づいたのですが、干潮時に釣りをできるような場所はほとんどありませんでした。

ならばと漁港のような場所がないか探索…すぐに発見しました!

佐賀

〝有明干潟の突堤〟と自分たちで名づけました。早速4本投入します。

しばらくして巻いてみると…

佐賀

マハゼっぽいハゼが釣れました。しかしサイズが小さいです。1時間ほど粘っていると漁師さんがやってきました。その漁師さんはハゼクチ(ハシクイ)漁のベテランで今は海苔をメインにやっているそうで色々教えてくださりました。漁師さんの情報によるとハゼクチは釣りで取るのではなく、干潟スキーで巣穴を探る方が手っ取り早そうです。しかしあくまでキャスターとしては〝釣り〟で仕留めたいところ。ハシクイは夜に活発に動き回るらしいので夜の方が〝よか〟と佐賀弁で教えてくださりました。場所は六角川が良いとのことで早速移動。

佐賀

途中に突堤を見つけたので探ってみるも釣果なし…
ジョイフルで激安ステーキ定食を食べ六角川河口に向かいます。

佐賀

〝六角川河口〟
干潮時に到着したのですが水がたくさんあります。ここならずっと釣りをすることが出来そうです。

佐賀
佐賀

近くにはムツゴロウの保護区があります。ムツゴロウがたくさんいました。これだけでも佐賀に来る価値はありそうです。
しかし釣りの方は全くアタリがありません。。たまに釣れたかと思うと…

佐賀

初めて見るハゼらしき魚だけです。本当にハゼクチはおるんか~と投げ返します。
しかし夕暮れ直前、何かが仕掛けについているのであげてみると…

佐賀

ハゼクチらしきハゼゲット!25センチとちょっとサイズがさびしいですがこの川にいるということがわかりテンションアップ!しかし満潮を経て下げ初めまでアタリがないのでこれはアカンと朝釣った漁港へ移動。。。

佐賀

六角川では作業を結構行っているので邪魔にならないようにしましょう。

漁港の排水口脇に移動してキャストを繰り返します。
しかし柳の下に…の下りの通り何もつれません。そこにちょうど漁師さんがやってきてあっちで釣れるよ~と教えてもらったので最初に釣りをした浜開拓の漁港へ向かいます。

そこで投げておきますがさすがに疲れもあり…車から竿を見ていると…爆睡していました。
後輩の「これヤバイですよ~」という声で起きてみるとすでに24時前…
何がヤバイんだ?と車から出てみて海を見ると唖然…

少なくとも投げで届くような範囲はすべて干潟になっていました。
さすが有明海…
しかしO君が何かぶら下げています。見てみるとなんとニベ(泥だらけなので写真ありません)
水があるときにかかったのでしょうがこんな激浅な場所にいるとは…
しかし有明海はたくさんのニベが生息しているらしいので初夏に来れば狙えるかもしれませんね。
結局ここで納竿としました。


~タックル~

竿…SPIN POWER 405CX-T、PROSURF 405CX-T

リール…97PA、PA SPIN POWER

道糸…アトミックスライダー3号+力糸5~12号

おもり…L型天秤、ジェット天秤25号
  
仕掛け…市販カレイ仕掛け13号
  
エサ…青虫

時間帯…5時~24時

<釣果>
ハゼクチ?:24.5~27センチ3匹
O君に30センチのニベ

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

年始の九州遠征3日目・長崎県/長崎市樺島→長崎港

ハゼクチ釣りの疲れを熊本市内の漫画喫茶で取りゆっくり12時前に熊本を出発しました。1/5の天気予報によると冬型の影響で海は爆風とのこと…しかし夕方から回復するようなので夕方から偵察がてらアジでも狙うかな?と考えつつ移動。(以下、アジが入手できなかったため投げ釣りの記述はありませんのでご了承ください。)

長崎

熊本→長崎は直線距離では近いですが車で行くと結構遠いです。鳥栖でやっと半分弱。

長崎のかめやでアミコマセを購入。アジについて聞いてみるもイマイチなようです。もともとアジは購入しようと思っていたのですが数日前に電話したところ売り切れ中で入荷見込みなしとのこと。アジが不調であるのと天候によるものだそうです。唯一可能性があるという長崎市の南端まで来ました。

長崎

〝樺島〟です。いろいろな魚が狙えるということでいつもは賑わっているそうですがこの日は人影なし…

長崎

それでもサビキを入れて頑張ってみます。しかしたま~に釣れてくるのは訳のわからない?魚だけです。ここによく来るという人の話を聞いてみてもエサとして使えるサイズは今年はいないと言われています。来たら30クラスの良型が多いようです。

ならばもう一か所目撃証言のある長崎港へ。
暗い中ひたすらサビキを打ち返します。

長崎

19時…20時と粘りますが…21時に完全に心が折れました。サビキ修行はさすがにキツイ!
逃げ込むようにガスト大浦海岸店に向かい、その後稲佐山温泉ふくの湯という安定した黄金ルート?で5日は特に収穫ありませんでした。
この時期のアジはなかなか難しいですね。やっぱりヒラメを狙うならアジが釣れるうちに来るべきかもしれません。その方がエサ代もお得なので(汗
今度長崎に来るときはキス・真鯛もギリギリ?狙える10月くらいにしようと思います。昼・ヒラメ→夜・キス真鯛のぶっ通しスペシャルプランで頑張りたいと思います。

~タックル~

竿…PROSURF 405CX-T

リール…PA SPIN POWER

道糸…PE1.5号

おもり…なし。
  
仕掛け…市販サビキ仕掛け4号+アミカゴ中
  
エサ…アミ

時間帯…16時~21時

<釣果>
なし。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。